複数のネット機器を使うなら高速ネット回線が快適!

今や家庭にはパソコンだけでなく、スマートフォンゲーム機TVなど
インターネット接続が必須のネット機器が増えています

複数のネット機器を同時に利用すると
ADSLはもちろん光ファイバー接続でもスピード不足を感じることがあります

実は公称数百Mbpsを謳っているインターネット通信サービスでも
実際の利用環境では公称の数十%しか出ないことが多いです

なぜこんなことになるのか
インターネット通信に関わる要素を下記の図を使って説明します

インターネット通信速度をスピードアップする要素
ネット通信速度を高速化する方法とは

インターネット回線が公称最大100Mbpsと言う場合
上図で電話局からユーザー宅の光ゲートウェイ(ONU)間の
光ファイバー回線の速度を言います。

ところが、ユーザーがパソコン上で動画などを見るときは
インターネットから電話局、光ファイバー、ONU、LAN、パソコン
動画データが流れて始めて動画を閲覧できます。

つまりその間でひとつでも通信速度が遅い機器があると
そこがネックになってスピードが落ちてしまうのです。

そこで見落とされがちですが
インターネット通信速度を速くする改善手段として
次の項目がネットスピードの高速化に有効です。

  • 光ファイバー回線(電話局から自宅まで)
  • パソコンやスマートフォン
  • ゲートウェイ(ONU)

やはり電話局から自宅までの通信回線がネット速度に大きく関わります

これまで光ファイバー回線でも最大100Mbps程度が一般的でしたが
最近では個人ユーザー向けに
1Gbpsや2Gbps超高速光回線を提供するサービスが登場しました。

最新のゲートウェイ(ONU)は
高速通信対応はもちろん多機能化も進んでいます。

パソコンに接続する有線LAN機能はもちろん、
スマホやタブレット、ゲーム機のネット接続に便利な
無線LAN機能が付いた機種も登場しています。


下記に200Mbps以上の高速光回線を提供するサービスを紹介します。
ユーザー宅までの光ファイバー回線がハイスピードなだけでなく、
最新の多機能ゲートウェイ(ONU)を提供するサービスもあり、
使い勝手も上々です。

高速インターネット接続を提供する会社

1位

NURO 光(ニューロ光) by So-net

ニューロ光

個人向けでは世界最速となる
下り最大2Gbpsを実現したのが【NURO 光
ニューロ光のために開発されたホームゲートウェイ(ONU)との組み合わせで
実測でも1Gbpsに近い通信速度を達成

ONUには最大速度450Mbps無線LANを標準装備
複数台のネット機器をワイヤレスで同時利用できます。

NURO 光 メリット
下り世界最速 最大2Gbpsの通信速度を実現
プロバイダ料金込みで月額4,743円(税抜)の低価格
最大450Mbpsの高速無線LANも標準装備
最大5台までマカフィーセキュリティサービス付き

プロバイダから光ファイバー回線まで
So-netがワンストップでサービスを提供するので
月額利用料金が4,743円〜と低価格を実現!

さらに今ならお得な入会キャンペーン実施中
すべてコミコミの超高速通信<NURO 光

詳細はこちらから

※各社のサービスやキャンペーンは変更されることがあります、公式サイトをご確認ください。